ダイエットしよ!

ダイエットを始めました!効果的と言われるダイエット方法を検証してみる

40歳超えてもきれいでいるコツは筋肉にあり!【女性の筋肉美】

昨日、HMBサプリについて書いたので、今日は筋肉つながりの話を書いてみたいと思います。

 

女性の筋肉美について、私が思っていること。

 

 

f:id:hanagardener:20170705225059j:plain

程よい筋肉がついている人は若くて美しい

昔、フランス人の友達(男、彼氏ではない)が言っていたことがあります。

 

ちゃんとメンテナンスしている女性は40、45歳を超えても、美しい

 

当時30歳手前にして、こういうセリフをさらっという彼は、よほどの女ったらしだったと思いますが、今さらにしてその意味が良く分かります。

 

自分が40歳を過ぎてまわりを見回してみると、「きれい」オーラを発している人は、みんな「ほどほどの筋肉」をつけている。女優さんでも友人でも。

 

筋肉美に色気を感じます

私は、特別筋肉フェチというわけではありませんが、程よい筋肉がついている女性は、同性から見ても色っぽいと思います。

 

腹筋は割れるほどでなくても引き締まっている人、腕を上げたときにちらっと見える二の腕の筋肉のライン、ふくらはぎの子持ちシシャモみたいな筋肉…、そういうのって、同じ女性であっても色気を感じませんか?

 

年齢をとってもきれいな人の共通項って、そういえば、筋肉かも、と思ったわけです。

 

私が好きな筋肉

何度も言いますが、私は特に筋肉フェチではありません。でも、好みの筋肉というものがあって、笑。

 

それは、ダンサーや武道家、スイマーの筋肉です!

 

ジムのマシーントレーニングでつけた筋肉というのは、やはりちょっと「わざとらしい」感を感じてしまうので、私はダンサーなどの「連続した筋肉」のつき方が好きなんです。

 

それで、自分も水泳を始めたということもあります。

 

筋肉をつけることのメリット

最近は、ダイエッターの間にも筋肉をつけて痩せ体質を手に入れる、というダイエット方法が普及しつつありますよね。

 

それが、前回書いた、女性用HMBサプリの登場にもつながっていると思うんです。

 

dietshiyo.hateblo.jp

 

でも、女性にとって適度な筋肉をつけることには、他にもいろいろなメリットがあります。

 

1.姿勢が良くなる

 

座っているときに猫背になる、脚を組みたくなる、ソファーで姿勢を崩すのが楽ちん、立っているときにバランスが悪い、靴のヒールの欠け方が左右対称でない…

 

これらの原因はもしかしたら、筋肉不足かもしれません。

 

筋肉が少ない人は、その分どこかでカバーしようとして身体が歪み、きれいな姿勢を保つことが難しくなります。

 

ダンサーは姿勢がいつもきれいですよね。

 

筋肉をつけることで、背筋を伸ばして座ることも、脚を組まないでいることも、長時間キープできるようになります。

 

 

2.腰痛や肩こりの防止

 

筋肉が付き姿勢が良くなると、腰痛にもなりにくいです。また、背筋が伸びていると首や肩への不自然な負担も軽減されるので、首凝り、肩こりの予防にも。

 

筋肉がつくということは、血流が良くなるので、冷えによる腰痛、肩こり、むくみなどの緩和にもつながると思われます。

 

 

3.けがをしにくくなる

 

特に女性の場合、年齢が高くなるとリスクの高くなる病気として、骨粗鬆症が挙げられます。つまり、若いころに比べて骨がもろくなるため、ちょっとした転倒でも思わぬけがにつながることがあります。

 

筋肉がある人は体がやわらかくなります。バランス感覚が良くなるんですね。分かりやすく言うと、片足立ちでソックスが履けるとか(笑)。

 

「そんなこと!」と笑っているかもしれませんが、意外と40歳を過ぎると、この「片足立ち」ができなくなることが多いんですよ!

 

ところが、筋肉がついていれば、バランス能力に優れているし、瞬発力も高くなるので、ざっくり言って、けがをしにくくなります。

 

もちろん、骨粗鬆症については、骨をもろくしないための生活習慣や食事も大切です。

 

筋肉をつけて年齢不詳の女になる

さらに、筋肉がつくと、ちょっとした運動も軽くこなせるようになります。

 

健康ブログをちょっと読めば、「定期的な運動を」という健康法はどこにでもかかれていますよね。

 

筋肉がつくことで、身体を動かすのが楽になりますので、「定期的な運動」が楽~にできるようになります。「運動しなきゃ」とおっくうに感じにくくなるということ。

 

ですので、運動をすることによる、ありとあらゆる恩恵を受けることができる、というわけなんです。

 

できることから、コツコツと。まずは身の回りにあるもので、筋トレでもしてみませんか?

 

スポンサーリンク

 

 

ホームへ戻る

スポンサーリンク