ダイエットしよ!

ダイエットを始めました!効果的と言われるダイエット方法を検証してみる

歩くだけのダイエット方法!正しいウォーキングの基本

歩くだけのダイエットというと、とても簡単に聞こえるかもしれません。しかし、エクササイズとしてのウォーキングは単に歩くだけでなく、ダイエットに効果的なポイントを意識して行うことが大切です。 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ウォーキングダイエットとは?

f:id:hanagardener:20170802221607j:plain

 

ウォーキングは有酸素運動で、健康面に良いだけでなく脂肪燃焼効果にも高い効果を発揮し、ダイエットにも効果は抜群です。

 

ランニングや筋トレと違って、運動が苦手な方でもすぐに取り入れられ、通勤や通学のついでに行うこともできますよね。初心者にもオススメのダイエット法でもあります。

 

ただし、ただ歩けばいいというわけではなく、歩く際にいくつかのポイントがあります。

 

せっかく歩くのであれば、是非そのポイントを抑えて、より効果的にダイエットを成功させましょう。

 

正しいウォーキングの基本とは?

1.正しい姿勢で歩く

下を向いていたり、猫背のまま歩いていては、せっかくのウォーキングも効果を発揮しません。

 

背骨がまっすぐと伸びているか、顎が出ていないかに注意しながら正しい姿勢で歩きましょう。

 

2.だらだら歩きをしない

ウォーキングをするときは、やや早歩きでてきぱきと歩きます。

 

歩幅も広めにとり、お尻を引き締めおなかを引っ込めながら、格好良く歩いていきましょう。

 

ガニ股や内股にも注意して歩いていきましょう。

 

3.腕を軽く振る

腕の力を抜き軽く振りながら歩くことで、さらにスムーズに歩くことができます。ウォーキングの際はしっかり腕をふることを意識してみてください。

 

4.呼吸も意識していく

ウォーキングは有酸素運動です。呼吸を止めずにしっかり意識していきましょう。

 

吸うよりも吐くことを意識して歩くと、リズムが上手くいき、全体に酸素が行きわたりますので是非試してみてください。

 

5.足の運び方

踏み出すときは親指に力を入れて踏み出し、着地はかかとで行うと疲れにくいです。

 

着地はかかと、足の外側、小指の付け根、親指の付け根、親指の順に体重移動をしていきます。

 

6.目標距離を設定する

ウォーキングをする際は、まず自分で目標距離を設定し、それを目指してスタートしましょう。

 

その際に無理な目標を立てず、達成できそうな目標を立てるのがポイントです。

 

スポンサーリンク

 

 

ホームへ戻る

スポンサーリンク