ダイエットブログ‐痩せ体質づくり

ダイエットの記録。リバウンドしない、痩せ体質を目指すブログ

ダイエット中に食べるならエビフライそれともエビ天ぷら?

一般的に揚げ物はダイエット中、避けたい食事でもありますよね。でも、たまには揚げ物が食べたいときもあります。

 

特に家庭に小さなお子さんがいたりすると、エビのてんぷらやエビフライは人気のメニュー! そこで気になるのが、エビ天ぷらとエビフライ、ダイエット中はどっちを選択する方がいいのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

ダイエット中に食べるならエビフライよりも天ぷら

f:id:hanagardener:20170810040258j:plain

ダイエット中は、自分の食べるものに気を使いますよね。

 

そこで今回、揚げ物の中でも特に人気の高いエビフライとエビ天ぷらについて調べてみました。

 

どちらもエビを使った揚げ物ではありますが、ダイエット中なら断然エビ天ぷらがおすすめです!

 

では、どうしてエビフライとエビ天ぷらには差が出てくるのでしょうか?

 

吸油率の違い

吸油率とは、油をどれだけ吸収するかということです。

 

それをエビフライとエビ天ぷらで比較したとき、エビフライは15~18%、エビ天ぷらは12~15%となっており、天ぷらのほうが油を吸収しづらく、ダイエットには向いていると言えます。

 

どうしてもエビフライを食べたいときは、パン粉を細かくして脂を吸い込みにくくしたり、最近注目の揚げないタイプのフライに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

レシピによっては、オーブントースターで手軽に作ることもできるようですよ!

 

また揚げる油も新しいものにしたり、オリーブオイルやキャノーラ油にするする工夫もカロリーを下げるためにはおすすめです。

 

ソースは意外とカロリーが高い

エビフライには欠かせないソース、実は高カロリーです。

 

とんかつソース、ウスターソースは4kcal、タルタルソースはさらにカロリーが高く15kcalも含まれています。

 

天ぷらなら、カロリー0の塩でさっぱり食べることもできるので、その点もダイエットに適していると言えますね。

 

我が家も今夜は、エビ天ぷらにします!

 

 

スポンサーリンク