ダイエットしよ!

ダイエットを始めました!効果的と言われるダイエット方法を検証してみる

ダイエットに本当に必要なのは有酸素運動それとも無酸素運動?

ダイエット中の運動として、有酸素運動と無酸素運動という言葉を聞いたことがあると思います。

 

少し前は、ダイエットには有酸素運動が効果的といわれていましたが、最近は少し違うみたいですね。その違いと、ダイエット効果について、調べました。

 

 

スポンサーリンク

 

有酸素運動とは?

f:id:hanagardener:20170810041544j:plain

有酸素運動とは、酸素を取り入れながら体内の糖質や脂肪を燃焼しエネルギーにして行う運動です。

 

ウォーキングやジョギング、水泳などがこれに当たります。

 

今までダイエットというと、この有酸素運動がメインとされていましたが、この有酸素運動をすれば絶対にダイエットに効果的というわけでもありません。

 

有酸素運動を行って、脂肪や糖が燃焼されるのは開始後20分以降です。

 

そのため、有酸素運動を10分ほど行ってすぐやめてしまっていては、あまりダイエット効果を得ることができません。

 

ですから、ダイエット目的で有酸素運動を行うのであれば、20分以上は続けて行いたいですね。

 

またこの有酸素運動でのカロリー消費効果は、筋肉量が多い人ほど効果があるといわれています。ですから、あまりにも筋力がない方だと効果も出にくい場合もあります。

 

無酸素運動

筋トレや100m走ダッシュなど、酸素をほとんど取り入れずに行う運動で、糖質からエネルギーを生み出す運動です。

 

主にダイエットでなら筋トレを行う方も多く、メリハリのある美しいボディーを目指す人には必要な運動です。

 

ただ、無酸素運動自体にカロリー消費を行う効果はほとんどありません。

 

しかし脂肪燃焼ホルモンを分泌する働きや、筋力アップによる代謝アップなどが期待できるため、無酸素運動を取り入れることで、痩せやすい体作りを目指すこともできます。

 

バランスの良いメニュー作りが大切

より効果的にダイエットを進めていくには、有酸素運動と無酸素運動をバランスよく取り入れることが大切です。

 

無酸素運動により筋力をアップさせ、その後有酸素運動で効率よくカロリーを消費することで、体重も減らしながらメリハリのある美しいボディラインを得ることができます。

 

順番としては、先に無酸素運動を行ってから有酸素運動を行うのがよいみたいですね。

 

脂肪燃焼ホルモンも分泌され、よりダイエットには効果的なんだとか。この順番が逆になると、けがにつながる恐れもあるので注意して行いましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

ホームへ戻る

スポンサーリンク