ダイエットしよ!

ダイエットを始めました!効果的と言われるダイエット方法を検証してみる

一見夢のようなダイエット「炭水化物ダイエット」の落とし穴

炭水化物抜きダイエット、 一時期話題になりましたよね。 多くのメディアにとりあげられ、たくさんの本も出版されました。

 

みなさんの中にも実践しておられる方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、本当に炭水化物を抜くことはダイエットに良いといえるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

夢のようなダイエット法ではある

 一般的に言われている炭水化物抜きダイエットのやり方は、 炭水化物さえ抜けば、あとは何をどれだけ食べても大丈夫、というものです。

 

まさにダイエットとは思えない、夢のようなダイエット法ですよね。

 

また、やり始めるとすぐに体重が落ちるため、 効果が目に見えて痩せたという実感を得やすいようです。

 

しかし、このダイエット法には思わぬ落とし穴が潜んでいるのです。

 

 

炭水化物抜きダイエットの落とし穴

f:id:hanagardener:20171003010832j:plain

炭水化物を抜くことによって、みるみる体重は減少していきます。 しかし、本当にそれは痩せたといえるのでしょうか??

 

炭水化物を抜くことによってまず減るのは、脂肪ではなく実は筋肉なのです。

 

筋肉には大量に水分が含まれています。 少し筋肉量が減るだけで水分が大幅に減り、 体重がみるみる減っていくという仕組みなのです。

 

ですから、炭水化物を抜き始めると2~3キロはすぐに落ちます。

 

体重計を見てニヤニヤしている場合ではありませんね。

 

 

炭水化物抜きダイエットには副作用もある

炭水化物は五大栄養素の一つと言われているように さまざまな役割があります。

 

そのため、炭水化物を抜くことで副作用が生じてしまうのです。

 

例えば炭水化物は脳のエネルギーとして使用されるので その炭水化物を抜いてしまっては頭がボーっとしてしまいます。

 

また、お肌や髪の栄養不足の原因になるため、 その美しさを失ってしまうのです。

 

筋肉も落ちてしまうため基礎代謝が下がり、 太りやすい体質にもなってしまいます。

 

痩せるつもりが美を失ってしまう、ということになりかねませんね。

 

 

炭水化物は抜くのではなく減らすもの

f:id:hanagardener:20171003010938j:plain

こうした副作用を避けるためにも、炭水化物を抜くということはおすすめできません。 しかし、炭水化物を抜くのではなく減らす、という方法でしたら良いといえます。

 

この方法にはパンや麺類ではなく、やはりご飯をおすすめします。

 

ご飯を抜くより減らすことにより、ある程度の炭水化物を補給できて 抜くことによる副作用を避けることができます。

 

また、ご飯は比較的腹持ちが良いので使い方によっては ダイエットのキーマンになるかもしれませんね。

 

 

炭水化物との上手な付き合い方

ダイエット中において炭水化物との付き合い方は最も重要といえるでしょう。

 

炭水化物は抜くものではなく減らすものであり、 とりすぎないように注意する、ということを認識しておきたいですね。

 

もちろん、減らすだけでは炭水化物を抜くことよりダイエット効果が弱いことは事実です。

 

しかし、減量後のリバウンドを考慮すると、やはり抜くより減らすほうが好ましいといえます。 危険な方法でのダイエットは避けるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

ホームへ戻る

スポンサーリンク